Lamp harajuku

EVENT

SINA SUIEN 2018春夏 新作ルック公開撮影ショー「オロフレ峠I.C.」

2018.01.18

 刺繍作家有本ゆみこの手掛けるブランド「SINA SUIEN」が、
写真家・佐内正史、スタイリスト・伊賀大介とタッグを組み、
2018年春夏の新作ルック撮影公開ショーを開催します。
昔のサーキットにいそうなライダーやコンパニオンのファッション、
槇原敬之の楽曲「どうしようもない僕に天使が降りてきた」の
ミュージックビデオのファンタジックな世界観もインスピレーション源に加わり、
90年代へのノスタルジーとガーリーなテイストが混ざり合った
幻想的なコレクションとなっています。
タイトルの「オロフレ峠I.C.」は、北海道有珠郡壮瞥町と登別市の境にあり、
オロフレ山の肩を通るオロフレ峠にあると有本氏が空想する、
架空のI.C.(インターチェンジ)の名前で、今回のコレクションのストーリーの
舞台になっています。
18日(木)の公開撮影ショーでは、伊賀氏によるスタイリングで
6体のルックが組まれます。

【オロフレ峠I.C.】
写真に写っているペットボトルに描かれた文字オロフレ山渓水。オロフレ山は北海道に実際にある山ですが、オロフレ峠にI.C.はありません。
架空の場所、オロフレ峠I.C.。日没後、街灯もなく舗装もされていない暗い山道を走り続けて不安になり始める頃やがて見えてくる、うすぼんやりとした自動販
売機の青白い光。かろうじて存在するオロフレ峠I.C.。そこにたどり着けた者は無人の検札所を越えると、軌道に乗りその後の人生において十分に加速してこの
世界のファッション(流行)と言われている流れをかき混ぜることができるような構造となっている、と言い伝えられています。
――有本ゆみこ

【SINASUIEN2018春夏新作ルック公開撮影ショー「オロフレ峠I.C.」】
■日時:2018年1月18日(木)17:00~17:30(16:30開場)
■場所:Lamp harajuku 東京都渋谷区神宮前4-28-15
■スタッフ:撮影・佐内正史/スタイリング・伊賀大介/衣装・SINASUIEN/モデル・琴
葉、NeNe、山岡美穂
※当日の写真撮影はご遠慮いただいております。佐内正史氏により撮影されたルック
画像はイベント後、ホームページにて公開されます。
http://sina1986.com/

【SINASUIEN(シナスイエン)】
2009年「SINA」の名で設立。2015年にブランド名を「シナスイエン(SINASUIEN)」と改めた。「SINASUIEN」は、SINAを着た人が眠るように心地よく陶酔するさまを込めて名付た造語。SINAは想像上の美しい生物で、神様の事、SUIENは睡園と漢字で表記する。どこの国でもない不思議な場所で美しい信念を持った人たちが着用する衣服を提案する。

arimotoyumiko

【有本ゆみこ】
刺繍アーティスト/SINASUIENデザイナー
1986年奈良生まれ。2008年京都造形芸術大学空間演出デザイン学科ファッションデザインコース卒業。展覧会、コレクションの発表、ワークショップ、マンガ執筆などで活動中

sanaimasafumi

【佐内正史】
1968年静岡県生まれ。95年度写真新世紀優秀賞受賞。写真集『生きている』(青幻舎/1997年)で鮮烈なデビューを果たす。03年私家版『MAP』(佐内写真事務所/2002年)で木村伊兵衛写真賞を受賞。08年に独自レーベル「対照」を立ち上げて私家版写真集を発表し続けている。

igadaisuke

【伊賀大介】
1977年西新宿生まれ。96年より熊谷隆志氏に師事後、99年、22才でスタイリストとしての活動開始。雑誌、広告、音楽家、映画、演劇、その他諸々「お呼びとあらば即参上」をモットーに労働。下手の横好きながら、文筆業もこなす。
映画でのスタイリングは、「ジョゼと虎と魚たち」「真夜中の弥次さん喜多さん」「さくらん」ほか多数。